2023年は5月31日から営業開始します


小さなパン店リッカロッカです。

1BA95506-C245-4A30-8386-7AD2996591D6.jpg002A26FD-B3B8-4244-A527-1FC4892A1193.jpg


お久しぶりです。

ここ最近、有難いことに今シーズンの

店舗営業についてのお問い合わせが増えてるのでいつまでも迷ってはいられないので

今日はそのことについて。


リッカロッカは2016年にOpenしてから7年が経ちます。

リッカロッカは夫婦2人で営んでいますが

実は凸凹夫婦がお互いの得意分野を発揮し

苦手な部分を補いながら何とかパン屋を成り立たせています。

その苦手な部分というのはきっと世の中の人は簡単にこなしているようなことなので

時にはどちらかの負担がかなり大きくなってしまうことも


子どもたちにもそれぞれに特性があるのですが子どもに比べると大人の私たちは

この7年成長がとてもゆっくりです。

後退していることや、いつまでも変わらないことも沢山です。


色んなことが変化していく中で

子どもの成長がプラスαされ助けられていることやうまくいくことも沢山増えました。

しかし子どもが小さかった頃よりも

もっともっと深く向き合わなければいけないことがあるのも事実です。


毎年冬には春からの営業をどうするかという話し合いをするのですが

今回は長い時間とてもとても悩みました。


お客様からかけて頂いた言葉の数々や冬の間届くお手紙やメッセージに沢山励まされました。

7年間お店を続けてこれたのは支えて下さるお客様のお陰だなぁと心の底から思いました。


今ではパンの種類は変わらないものの

毎年スタイルが変わる家族の「今」に合わせて変化していく店になってしまっているので

色々と変わることがあり本当に申し訳ないです。


これからもリッカロッカのパンはそんな夫婦が2人の力を最大限に合わせて焼くパンですがどちらかが不調になってしまったらパン屋を続けてはいけないので

今年は心と身体の健康を大切にしながら

うまくバランスをとりながら

先ずは今シーズン営業できたらなと思います。


少し先ですが531日から店舗の営業を開始させて頂きたいと思います。

営業時間を変更したり、予約システムをやめたりとお客様にご不便をおかけしてしまうかもしれませんが

肩の力を抜いて楽しみながら美味しいパンを焼いて営業出来たらなと思っています。


2人が力を合わせて焼くパンが

1/2 1/2 = 1

ではなく23にも4にもなれるように

心を込めてパンを焼きたいです。


そして私たち夫婦がパン屋を営む

試行錯誤の毎日や苦労話はもしかしたら

客観的に聞いたら笑い話にもなるかもしれないので自分たちも笑って話せるようになったらいつの日か誰かのためになる日がきたらと思います。


今シーズンもどうぞ宜しくお願いいたします。


この写真のようにリッカロッカの庭が花や緑であふれる頃に皆様にお会いできることを心よりお待ちしております。





【営業日、営業時間について】


店舗営業日・・・ 水、木、金、土

定休日  ・・・日、月、火

臨時休業あり(その都度お知らせします)

営業時間・・・・13001600

         




【パンの予約について】


昨年までは承っておりましたパンのご予約やお取り置きですが、今シーズンは一旦予約を承ることをやめてみて、店頭に御来店頂いた順にパンをご購入して頂けたらと思っています。



【営業時間の変更について】


今シーズンは営業時間を

13001600(売り切れ次第閉店)

にさせて頂きます。

午前中やお昼にお店が開いていなくてご不便をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。



この記事へのコメント